【ReFa CARAT】 リファ カラット サロンモデル Ⅱ

定価(税込)
¥35,640
販売価格(税込)
¥35,640

数量

ReFa CARAT SALON MODELⅡ(リファカラットサロンモデルⅡ)

すみずみまで、つまみ流す。
美しさを解き放つ、サロン限定モデル。

顔立ち、表情、ボディライン、その一瞬の美しさまで目覚めさせるリファサロンモデル。
リファカラットサロンモデルⅡは、ボディにアプローチしやすい設計です。
さらなる美しさを求める人のために、洗練されたデザインと大きなソーラーパネルを採用。
多くのマイクロカレント(微弱電流)を生み出し、プロの手技「ニーディング」の動きを再現します。
肌にハリを与え、引き締めることで、輝くような美しさへ導きます。
※当社比(ReFa CARAT と比較して)。

価格 ¥33,000(税抜)
材質 ABS、真鍮、アクリル、シリコーンゴム、エラストマー、
ステンレス、ナイロン、プラチナ
重量 約240g
付属品 取扱説明書、保証書、ギャランティーカード、
ガイドブック、クリーンクロス
サイズ 約103mm × 160mm × 63mm

 

【Product Story】
大き目のローラーが、ボディにフィット。
ボディケアを中心に使えるReFa CARATを。
というサロンの声にお応えして、ヘッドもハンドルも少し
大き目のReFa CARAT SALON MODEL Ⅱを開発。
太ももやお腹などにしっかりフィットし、ダイナミックに
つまみ流せるサイズ感を追求しました。
マイクロカレントも増量し、より満足度の高いケアを
実現します。お風呂で温まりながらの使用が。
おすすめです。
※当社比(ReFa CARAT と比較して)。

 

ローリングの方法

ローラーが肌を吸い上げる強さは、ハンドルを持つ角度で調整できます。

 <ローラーを前に進める場合>
ハンドルを徐々に起こして、吸い上げの強さを確認してください。
※肌に痛みを感じたら、ハンドルを寝かせてください。  


<ローラーを後ろに引く場合>
ハンドルを徐々に寝かせて、吸い上げの強さを確認してください。
肌に痛みを感じたら、ハンドルを起こしてください。

 

ローリングのポイント


使用方法について、各部位の写真に、それぞれ
ローリングする方向を示してあります。


①一方向へのローリング
②往復(両方向)のローリング
③細い部分から太い部分へ、力をいれるようにローリング

 

デコルテ・首


鎖骨下のくぼみにローラーを当てるようにローリング。


肩と首の付け根から頭に向かい、首筋に沿って上下にローリング。

 

フェイス


下あごのラインを意識して、しっかりフィット
させながらローリング。


口角から頬骨の下を通って耳横までローリング。

 



内側のひじ下を挟むように、手首からひじに
向かってローリング。


二の腕を脇下に向かってローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

 

バスト


脇の下を押しながら胸の中央に向かって
ローリング。


胸の下から押し上げるように上下に
ローリング。

 

ウエスト


胸の下からウエストラインまで体側に
沿ってローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てると角度と強さを調整してローリングしてください。


下腹部は、斜め方向に引き上げるようにローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

 



足の裏を全体的にローリング。仕上げに写真の
〇部分を片方のローラーでプッシュしましょう。


足の甲と側面をローリング。お風呂あがりなどに
おすすめです。
※指関節を無理にローリングしないでください。
ケガをする恐れがあります。


足首まわり上下にローリング。
心地よく感じる強さで行いましょう。
※アキレス腱を挟み込まないように注意してください。


足首から膝の裏にかけて、ふくらはぎを
ローリング、
※アキレス腱を挟み込まないように注意してください。


太ももの内側をローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。


膝の裏からおしりの下にかけて、太ももの
後ろをローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位ですローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

 

お2人でケアするときは


【 頭 】
おでこから引っ張り上げるように、
頭頂部、首までローリング。
髪を巻き込まないよう注意しながら、ゆっくりとローリングしましょう。
 


【 背中 】
①肩から鎖骨の間
②肩から肩甲骨の間を交互に。


【 背中 】
背骨から脇に向かってローリング。


【 腕 】
手首から肩まで、流れるようにローリング。
腕の外側全体をケアしましょう。


【 腕 】
二の腕の内側を、肘上から脇に向かって
ローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。


【 ウエスト 】
背骨からウエスト側面にかけて、
押し出すようにローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。
 


【 脚 】
うつ伏せになり、太ももから軽く浮かせて
足首からおしりまでをローリング。
※アキレス腱を挟み込まないように注意してください。


【 脚 】
膝の裏からおしりまで、太ももの裏全体を
ローリング。
※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に
当てる角度と強さを調整してローリングしてください。
お2人でご使用になる際の留意点

本品をお持ちでない方の手を、必ず相手の肌に触れ続けた状態で使用してください。
※素手で触れていないとマイクロカレントが流れません。

 
数量